パソコン類の回収について

http://www.highbridge-computer.jp/recycle/現代に置いては、家庭ではなく「1人に1台」の割合でパソコンが普及しているといわれるようになりました。
中には、各部屋にそれぞれの専用パソコンがあるという方も多いのではないでしょうか。
こうして多くの人が活用するようになった分、不用品回収もパソコン類が増えているようです。
精密機器であっても消耗品と考えられますよね。
今、不用品回収をして欲しいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
精密機器類の不用品回収ですが、自治体などのサービスでは回収は不可能となっています。
ただし、デスクトップタイプのパソコンでしたら、キーボードやマウスは可能だという地域も。
またモニターなら回収可能という地域もあります。
全ての地域において均一ではありませんので、広報誌などで確認をしてみたり担当課目に電話をして聞いてみると良いかもしれません。
パソコン本体から周辺機器まで一括して回収をというのでしたら民間業者の利用が望ましいでしょう。
専門業者も存在しています。
回収料金に関してですが、業者によって差は出てきます。
平均的相場から言えば1000円前後とも言われていますがその限りではありません。
タダになる場合もあります(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/17/news006.html)のでサイトなどを確認してみるのが良いでしょう。
また、買取システムなどを導入している業者でしたら負担は一切無く回収してもらえると思います。
パソコンの中に個人情報があるという場合も多いでしょう。
IDやパスに関しては一時記憶してあるという方もいるかもしれません。
更には、検索履歴やお気に入り一覧などを見られたくないという方も。
こうしたものの対策は、やはり回収前に全てをリセットすること。
初期化をしていただくことで上記のようなもの全てを消すことが出来ます。
なお、初期化方法が分からないという方は、業者サービスとしてデータ消去を行ってくれるというところもあります。
作業量は別途かかってしまいますが、目の前で消去をしてくれるという事もありますし安心して回収を依頼出来るのではないでしょうか。
逆に、買取でなくても良い・そのまま売りに出さないで欲しいという方は「パーツ分解」をして回収してくれるところを利用するのもお勧めです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫